肌の老化を促進してしまう

睡眠不足、紫外線、食生活の乱れ。どれも肌の老化を促進してしまいますが、小シワの原因で乾燥は、ぜったい無視できないところでしょう。真冬は持ちろん夏でもエアコンで室内が乾燥し、回復に時間がかかってしまい、その間に老化が進みます。積極的に乾燥対策をしてなんにしてもマメに保湿することが重要です。最近では通年、スプレータイプの化粧水が売られているので、そういったものを使って水分や有効成分を補ったり、夏以降のキレイ肌を創るために、夏の間は徹底してオイルマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)やフェイスパックなどの肌の内側に効く保湿ケアをおこなうようにしましょう。出産を終えても当分の間、女性の身体は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聞く変化してしまい、いろいろなトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルは珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産後、急激に減少し、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かも知れません。シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。どうしてシワができるのかというと、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。お肌の水分不足は、その通りお肌の乾燥につながって、皮膚表面のシワが増えて行く事になります。顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり乾燥の影響を受けやすくなっており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)(体重のうちの6%くらいをコラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)が占めているのだとか)やヒアルロン酸がどんどん減っていく一方となるため、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。肌にオキシドールを使用してシミ取りをするなんて話を最近聞きましたが、本来のオキシドールの用途は傷を消毒するものであり、健康である肌に使用するのは大きなストレスになりそうです。オキシドールを活用し、ヘアブリーチを試された方も多いと想定されますが、これは髪のダメージを深刻化させます。誰が考えても、肌にいいとは思えないでしょう。

お年を召したお肌には必ずと言っていいほどシミがあるものです。といいつつも、どうにかして改善できないか女性ならそう思うのではないでしょうか。肌のシミをどうにかして消そうと私が行ったのは、真っ先にビタミンC誘導体を試し、ハイドロキノンもまた使ってみましたが、それでも満足できず、今はレチノールを使用しています。肌にできたシミと戦うために必要な武器は、美容外科のレーザー治療に頼らざるを得ないのかも知れません。

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大聞く影響しているということをご存じでしょうか。例として挙げるなら、最近、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが特性です。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミにくらべて困難であるという点が特性として知られています。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用を補完する役割をしています。活き活きした白い肌を保つためにビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶でカテキンとビタミンCを共に摂ることができれば、メラニン色素が沈着し、シミの基になることを防ぐことができます。

女性の喫煙者の数は、男性にくらべると減りが鈍いそうです。肌がなめらかでいられるのは、皮膚の毛細血管のはたらきが良いからです。

しかしタバコの効き目はとても早く、迅速に血管を収縮させるので、肌に老廃物が残る結果になり、栄養や水分がますます運ばれなくなります。真っ先にダメージを受けるのは表皮です。肌の表層である表皮の機能が落ちると、真皮にダメージが届きやすく、たるみが生じて最初は小さなシワでも、一度出ると急速に広がってしまうでしょう。禁煙は難しいかも知れませんが、「減煙」したからといって皮膚へのダメージは変わりません。美肌が欲しければ喫煙は辞めて、その他の気分転換を見つけるようにしましょう。

顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならできれば消してしまいたいものです。さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大切ですので、日焼け止めを使い、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、対策を怠り、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。さらに、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。話によると、いったんできてしまったお肌のシミは、簡単に消すことは難しいと多くの方が思っているようですが、お肌のシミが消しにくいのは、家庭でおこなう対策に限ったお話になります。レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえばたやすく消すことが可能です。持ちろん、施術費用はそれなりにかかりますし、施術を受けた後にもお手入れをつづける必要がありますが、シミのことで気持ちが落ち込んでしまうようならば勇気を出して、クリニックでの治療を受けてみてもいいと思います。

フルリ クリアゲルクレンズ